テイスティング・レビュー

徹底比較|サイレントプールとg’vineの味や違い、価格やボタニカルは【ノエゾン・フロレゾン】

こんにちは。ジンも大好き。イチローです。

早速ですが今日はサイレントプールg’vineの味比べを行いたいと思います!

美女のエキスが染み込んだ(?)サイレントプール
どこまでも葡萄の香味にこだわったg’vine

一体どのような香味がするのでしょう…楽しみですね!

まずはそれぞれのスペックからどうぞ!

サイレントプール|スペック・価格・名前の由来

イギリス
サイレントプール・ジン
SILENT POOL GIN

イギリス・サリー州
蒸留所 サイレントプール蒸留所
名前の由来 サイレントプール湖畔から(石灰層でろ過された湧き水によって青く澄んでいる湖)
ベーススピリッツ グレーン・スピリッツ
ボタニカル 24種類
オーガニックラベンダー、バラの花びら、エルダーフラワー、リンデンフラワー、カフェライム(こぶみかん)の葉、洋梨など
※詳細はこちら
製法 浸漬法・ジンティー法・ヴェイパーインフュージョン法
度数 43%
定価 約4,980円
特徴 ・香水のようなジン
・ボタニカルを3つの方法で蒸留
・世界三大スピリッツコンペ(IWSC、ISC、SFSC)で受賞

 

g’vine(ジーヴァイン)|スペック・価格・名前の由来

フランス
ジーヴァイン・フロレゾン
g’vine FLORAISON

フランス
蒸留所 MAISON VILLEVERT蒸留所
名前の由来 グレープ(grape)の蒸留酒(vine)を縮めてg’vine。ジン(gin)とワイン(vine)の合いの子という説も
※フロレゾンは葡萄育成において「開花」を表す言葉
ベーススピリッツ 葡萄
※完熟のユニブランを使用
ボタニカル 8種類
ショウガ、甘草、カルダモン、シナモン、コリアンダー、クローブ、ナツメグ、ユニブランの花
製法 浸漬法(2〜5日間)
度数 40%
定価 約4,480円
特徴 ・二種類の蒸留液をブレンド後再蒸留。(
蒸留液A:ユニブランの花のエキスを蒸留したもの
。蒸留液B:ユニブランの果実を蒸留したスピリッツにボタニカルを浸漬させたもの。このAとBをブレンド)
・ユニブランの花は6月中旬頃に2週間しか咲かない花を丁寧に手摘みしている

 

フランス
ジーヴァイン・ノエゾン
g’vine NOUAISON

フランス
蒸留所 MAISON VILLEVERT蒸留所
名前の由来 グレープ(grape)の蒸留酒(vine)を縮めてg’vine。ジン(gin)とワイン(vine)の合いの子という説も
※ノエゾンは葡萄育成において「結実」を表す言葉
ベーススピリッツ 葡萄
※熟す前のユニブランを使用
ボタニカル 12種類
フロレゾンの8種にベルガモット、プルーン、ベチバーサンダルウッド
製法 浸漬法(5日間)
度数 45%
定価 約4,980円
特徴 ・ユニブランの花は、6月中旬頃に2週間しか咲かない花を丁寧に手摘みしている
・ベチバーとサンダルウッドを使用するジンはノエゾンだけ(ベチバーとは:ススキのようなイネ科の多年草。シャネルのno.5にも使用される、甘くて濃い鎮静作用のある香り。サンダルウッドとは:線香、白檀の香り)

サイレントプール|ボトルデザイン

それではボトルを眺めましょう!この鮮やかで華やかなボトルはほんと素晴らしい。

この透き通るような青は水源であるサイレントプール湖を表しているのでしょう。それに合わせた銅色のカラーも堪りません。互いが互いの美しさを引き立て合っています…

 

この意匠に近付いてみましょう。

様々な草花のシルエットが細かく描かれています。これは使用されているボタニカルでしょうか。意味も通っていて素敵なデザインです。

 

草花の中には噂の木こりの娘ジョン王子のイラストも。

是非探してみて下さい。
※水源であるサイレントプール湖には「美しい娘が王子から逃げるため湖の中心まで泳ぐも、力尽き溺れてしまった」という伝説が残っています

 

ただ、ちょっと気になる点も。

このまま進むと悪しき領主と娘が出会っちゃいそうな気がするんですけど大丈夫でしょうか。ストーリーの詳細が分からないのでアレですが。

もし『互いの領地に踏み込む事が出来ない状況で、湖を挟んでお互いの姿を見つめながら入水する』なんてストーリーがあったなら最高にロマンチックだと思います。あれ?本当に最高じゃないですか??どなたかそういう話を書いて下さいお願いします。

g’vine(ジーヴァイン)|ボトルデザイン

次はg’vineのボトルを見てみましょう。

形状からして全く違います。同じブランドからリリースされているボトルとは思えません。

ノエゾンは高級感がありますね。反面フロレゾンは若々しく爽やかな印象です。これは味わいを反映したものでしょうか。考えさせられます。

 

フロレゾンのボトルには「g」の文字が大きく配置されています。

VINEには葡萄という意味もあります。「葡萄の蒸留酒をベースにしているんだぞ!」という熱い想いが伝わりますね。

 

少し下に視線を落とすと…

「葡萄から蒸留しています」と書かれています。

一見「PARTIR DE RAISIN」という蒸留所が存在するのかと思いましたがgoogle先生に確認すると「違うよ」と教えて下さいました。頼もしいです。

 

ボトルの肩はシャープです。文字が浮かし彫りで書かれています。

「UNCONVENTIONALLY(型破りだぞ!)」と連呼されています。日本語に置き換えるとちょっと面白いですね。松岡修造並みに気合が入っている事が分かります。

 

最後にノエゾンのラベルはこちら。

打って変わって非常に上品です。

型押し、箔押し、浮かし彫り。贅沢な加工技術がふんだんに使用されています。このしっとりした質感がまっことたまりません。

中央に描かれたボタニカルはジュニパーベリー(左)と葡萄(右)でしょう。

左隅にはg’vineのロゴがさりげなく配置。右隅には容量とアルコール度数が。その上には「少量生産・葡萄から蒸留されたジン」と書かれています。

 

ここで気付きましたが、フロレゾンとノエゾンでは葡萄を表現する言葉が違いますね。フロレゾンはレーズン。ノエゾンはグレープと表現されています。

どの程度の意味を込めて表記を変えているのかは分かりません。しかし深読みをせず素直に読むなら「レーズン→干し葡萄」「グレープ→フレッシュな葡萄と捉えられます。これが原料の熟し具合の違いを表しているのかもしれません。
※「黒葡萄を原料としたものしかレーズンと言わない!」とするレーズン過激派の方の意見はスルーする方向でお願いします

 

フロレゾンとノエゾンの違いはボトルキャップにも表れています。

フロレゾン(右)は縦に長いですね。バカラのディアマンを思わせるダイアモンドカットが素敵です。

ノエゾン(左)は一転して慎ましやかです。ボトルの形状も相まって薬瓶のようなフォルムになっています。

どちらも素敵なボトルですが、個人的にはノエゾン派。型押し、箔押しって大好きなんです。

そして若干クビれているところもセクシーです。主張しすぎないグラデーションも見逃せません。一見シンプルな薬瓶のような形状に見えますが随所にこだわりが見られます。

あなたはどちらが好きですか?宜しければTwitter等で教えて下さい。

サイレントプールとg’vine|味・香りの比較・評価

さて、ボトルは十分に堪能させて頂きました!それでは味の確認に参りましょう!

…それでは、頂きます!

ウイスキーモンスター!|テイスティング中

それぞれの香りを一言で表すと…

・サイレントプール・
水々しくフローラル

ウイスキーモンスター!罫線

・g’vine フロレゾン・
熟したユニブランの甘い香り

ウイスキーモンスター!罫線

・g’vine ノエゾン・
ドライでスパイシー(甘味は奥に)

 

サイレントプールの爽快感と華やかなフローラル香は驚きました。とても綺麗な香りで「香水のようなジン」と例えられるのも納得です。

g’vineはフロレゾンとノエゾンに共通して感じる甘い香味は原料のユニブラン故でしょうか。フロレゾンは特別甘さを感じやすいですね。

しかしノエゾンは面白い。確かにドライになっています!原料のユニブランを完熟させるか否かでこんなにも印象が変わるのでしょうか。面白い!

 

という訳でまとめに入ります。

イギリス
サイレントプール
SILENT POOL

ウイスキーモンスター!|アマゾン用リンク ウイスキーモンスター!|楽天用リンク

・OFFICIAL COMMENT・
香水のようなジン

水々しくフローラル

ベーススピリッツ グレーンスピリッツ
ボタニカル 24種類
オーガニックラベンダー、バラの花びら、エルダーフラワー、リンデンフラワー、カフェライム(こぶみかん)の葉、洋梨など
※詳細はこちら
製法 浸漬法・ジンティー法・ヴェイパーインフュージョン法
価格 約4,980円
価格評価 数あるロンドンドライジンが2000円代で購入できる中で5000円前後の価格帯は安くなく見える。しかしこんなにも透き通った華やかさを持つジンは中々無く、軽やかの代表スター・オブ・ボンベイとも一線を画す個性を持っている。フローラルなジンというとジェネラス・ジンも思い出すがあちらも良い。飲み比べるのも良いだろう。ともかく、サイレントプールはボトルデザイン、ブランドにまつわるエピソードも良いボトル。ストレート、もしくはロックやソーダでじっくりと。

 

ウイスキーモンスター!罫線

 

フランス
ジーヴァイン フロレゾン
g’vine FLORAISON

ウイスキーモンスター!|アマゾン用リンク ウイスキーモンスター!|楽天用リンク

・OFFICIAL COMMENT・
甘い香味を生む完熟ユニブランをベーススピリッツに使用

熟したユニブランの甘い香り

ベーススピリッツ 葡萄
※完熟のユニブランを使用
ボタニカル 8種類
ショウガ、甘草、カルダモン、シナモン、コリアンダー、クローブ、ナツメグ、ユニブランの花
製法 浸漬法(2〜5日間)
価格 約4,480円
価格評価 ベーススピリッツが葡萄原料であるというその個性!それだけでこのボトルを試す理由になる。穀物由来のベーススピリッツではおおよそ実現できないであろう甘やかな香味。ボタニカルにまで葡萄の花を使用した徹底ぶりは見逃せない。そのままの味わいを生かして飲みたいところだが、トニックと合わせてもOK。甘くなりすぎにはご注意を。コニャック好きの方にもオススメしたいジン。

 

ウイスキーモンスター!罫線

 

フランス
ジーヴァイン ノエゾン
g’vine NOUAISON

ウイスキーモンスター!|アマゾン用リンク ウイスキーモンスター!|楽天用リンク

・OFFICIAL COMMENT・
熟す前のユニブランを使用する事でドライさを強調。数多く存在するジンの中でベチバーとサンダルウッドを使用している唯一のジン。

ドライでスパイシー(甘味は奥に

ベーススピリッツ 葡萄
※熟す前のユニブラン
ボタニカル 12種類
フロレゾンの8種にベルガモット、プルーン、ベチバー、サンダルウッド
製法 浸漬法(5日間)
価格 約4,980円
価格比較 その個性が目を引くg’vineノエゾン。こちらは熟す前の葡萄(ユニブラン)を使用する事でドライに仕上げられている。そのドライさがシャープでキレのある飲み口を実現。フローラルかつ微かな甘味。甘味が強いボトルが苦手な方でもg’vineの個性を楽しめる良いボトル。似たジンに桃をベーススピリッツに使用した「パンダ・ジンが存在する。興味のある方はそちらもチェックしてみては。

 

ウイスキーモンスター!罫線

 

どれも美味しゅうございました。ジン界も奥が深い!楽しませて頂いてます。

おまけにノエゾンと同じボタニカル(ベチバー)を使用した香水「CHANEL No.5」も香ってみました。どちらもいい香りです。ベチバーの香りの分析?さっぱり分かりません!

そしてサイレントプールは最近「ローズエクスプレッション」と言うボトルもリリースしました。なんでもバラの香りに注目したジンだとか…?こちらも宜しければご確認ください。

 

本日もご覧頂きありがとうございます。皆様の事が大好きです。
それではまた!

サイレントプールとg’vine|口コミ・評価評判

イチロー
イチロー
サイレントプールとg’vineの口コミはこちら!
ジロー
ジロー
どのボトルも映えてますね〜!

 

関連記事

ジンの違い・タンカレー、ボンベイ、ジンクス
ジン徹底比較|タンカレーやボンベイの味や違い・評価【スターオブボンベイやジンクスも】こんにちは。イチローです。 皆様、ジンはお好きでしょうか。 スッキリしていてハーバル、フローラルな香りがするアロマティックなあの...
ウイスキーモンスター!でタンカレーの飲み比べをする画像
ジン徹底比較|タンカレーの味や違いを評価【9種類・ナンバーテンからラングプールまで】10種類近くあるタンカレーの限定ボトルを、スタンダードなボトルと合わせて飲み比べ!セロリにライム、レモンに砂糖…それぞれの個性を把握する事は出来るのか!?タンカレー、ナンバーテンをはじめ、マラッカ、ブルームスバリー、ラングプール、セビリアなど...
徹底比較!マリエンホーフ|カカオリキュールの味や違いを評価【ショコラ・ゴディバ・エギュベル】こんにちは。イチローです。 世の中に数多く存在するカカオリキュール。違いを把握しておきたい!と言う訳で、今日はショコラ・カカオ系リ...
サイレントプール・ジン|名前の由来や歴史、ボタニカル、おいしさの秘密こんにちは。ジン沼にどっぷりハマっています。イチローです。 ジンも調べれば調べるほど面白いですね〜! 特に各ブランドのエピソ...
ジンの定義・歴史|紹介
ジンの定義・歴史|ボタニカルの種類や製法・作り方【ドライジン・ジュネヴァ・シュタインヘイガー】この記事では蒸留酒「ジン」についてお話しさせて頂きます。 世界4大スピリッツの一つとして数えられるジン。 その香味はスッキリして...

 

ABOUT ME
アバター
Ichiro
ウイスキーエキスパートのバーテンダーです。アイラ沼からやって来ました。得意技はタックルに合わせたフロントチョーク。苦手な技は足関節。人に助けられて生きてます。