6d_ハイランド

ロイヤル・ロッホナガー蒸留所|価格や味は?名前の由来や歴史も解説【スコッチウイスキー・ハイランドモルト】

ロイヤル・ロッホナガー蒸留所|スペック

【会社】
ディアジオ社

【国】
スコットランド/アバディーン/クラシー
地区:ハイランド

【名前の由来】
ディー川沿いで最も高い山「ロッホナガー」から
ゲール語で「岩の露出した湖」の意

【ロゴ・アイコン】

【ボトル】

【原料】
自家精麦中心

【ピート】
ライトピーテッド

【仕込み水】
Lochnagar foothills Spring

【発酵曹】
木製 x3基

【イースト】

Pressed

【発酵時間】
60時間以上

【蒸留器】
初留器:プレーン [6,000ℓ x1] 再留器:プレーン [3,900ℓ x1] 加熱:スチーム

【冷却器】
ワームタブ

【樽】
[シェリー樽] モスカテル
[—]アメリカンオーク

イチロー
イチロー
アメリカンオークを主体という説もあります

【年間生産量】
40万ℓ

【ブレンド先】
ジョニーウォーカー/ブルーラベル、ウィンザー(韓国)

ロイヤル・ロッホナガー蒸留所|特徴

ヴィクトリア女王の愛した酒

ヴィクトリア女王とアルバート公がこの蒸溜所を訪れ、王室御用達の証「ロイヤル」の冠を授与された蒸留所です。

ビクトリア女王、エドワード7世、ジョージ5世の王室3代への御用達。ヴィクトリア女王は、愛飲している極上ボルドー・ワインにロッホナガーを数滴落として、飲んでいたともいわれています。

ディアジオ最小

ディアジオ社の保有する蒸溜所の中で最小の蒸溜所です。スコットランドの老舗蒸留所の中でも3番目に小さい。ウイスキー作りの全ての工程を手作業で行う数少ない蒸溜所の一つです。

熟成はスペイサイドのグレンロッシーで行われているようです。

重さから軽さへ

小さな蒸留器とワームタブは重たい原酒を作る。それをいかに軽くするかを蒸留チームは取り組んでいます。

蒸留は、還流を最大にするためにゆっくりと行われます。そして蒸留後には蒸留器のドアが開かれて、空気が銅を活性化させます。 

この仕組みが乾いた草の香り、果物、深みを備えたニューメイクスピリッツを生み出します。ちなみに大部分はシェリー樽(バット)で熟成させます。

イチロー
イチロー
また、開放式のマッシュタンを使用しています

ロイヤル・ロッホナガー蒸留所|歴史

1823年
オーナー:ジェームス・ロバートソン
ジェームス・ロバートソンはクラシー教区で最初の合法蒸留酒製造会社です。

1826年
密造酒業社の逆恨みにあい蒸溜所が火災で消失。
2つ目の蒸溜所を近くに設立する

イチロー
イチロー
1829年に大洪水で流されたという説も

1841年
2度目の火災に会う

1845年
オーナー:ザ・ベッグ家
ビクトリア女王とアルバート王子、蒸溜所近くの「バルモラル城」を英国王室の夏の離宮として購入。この地域はイギリス王室の夏の避暑地となっていて、「ロイヤル・ディーサイド」と呼ばれています。

1848年
ベッグ家、ビクトリア女王とその伴侶、そしてアルバート王子を招き、蒸溜所ツアーを行う。その後、王室御用達の称号を授与する。以降、ロッホナガーは頭にロイヤルと付けて呼ばれるようになりました。

1916年
オーナー:ジョン・デュワー&サンズ社

1925年
オーナー:DCL社

1986年
オーナー:UD社

1997年
オーナー:ディアジオ社

ロイヤル・ロッホナガー蒸留所|種類・ラインナップ

ロイヤルロッホナガー
12年

最初は甘く、しかしすぐにピリッとした酸味が追いついてくる心地よい味わい。後味はさっぱり。魅惑的な白檀の香りが尾を引くやや長めの余韻。

樽>>
アメリカンオーク
ヨーロピアンオーク

イチロー
イチロー
セカンドフィルの樽で熟成しているという説も

香り>>
複層的、木香、ライチ
味わい>>
ミディアムボディ、甘み、ピリッとした酸味