6c_スペイサイド

ローズアイル蒸留所|価格や味は?名前の由来や歴史も解説【スコッチウイスキー・スペイサイドモルト】

ローズアイル蒸留所|スペック

【会社】
ディアジオ社

【国】
スコットランド/マレー/ローズアイル
地区:スペイサイド

【名前の由来】
土地の名前

【ロゴ・アイコン】

【ボトル】

【原料】
自家精麦

【ピート】
ノンピート

【仕込み水】

イチロー
イチロー
非公開との噂もあります

【発酵曹】
ステンレス製 x14基

【イースト】

クリーム

【発酵時間】
75時間以上

【蒸留器】
初留器:[プレーン]16,000ℓ x7
再留器:[プレーン]10,000ℓ x7
加熱:スチーム

【冷却器】
シェル&チューブ

【樽】
[—] —
[—] —

【年間生産量】
1250万ℓ

【ブレンド先】
ジョニーウォーカー、オールドパーなど

ローズアイル蒸留所|特徴

最大クラスの生産量

40Mポンドの投資により生み出された蒸溜所
年間生産量はおよそ1,250万リットル。最大規模の生産量を誇ります。

イチロー
イチロー
ちなみにマッカラン蒸溜所は年間1,500万ℓ、フィディックは1,365ℓの生産量を誇ります。

この蒸溜所はディアジオの持つ4つの製麦所のうちの一つの片隅に建てられました。「ジョニーウォーカー」や「オールドパー」など、ブレンド用原酒を多く作っています。

切り替え可能のコンデンサ

7組のスチルのうち6組は、コンデンサの素材(ステンレスか銅)を切り替えることができます。

銅は軽くグラッシー>>
軽いグラッシーな原酒が必要な場合は長時間の発酵(90時間以上)を行い、空気を入れながらゆっくりと蒸留。そして銅コンデンサーで凝縮します。

ステンレスは重いスタイル>>
重いスタイルが必要な場合は、ステンレス鋼のコンデンサーが使用されます。

味わいについて

ナッティ(モルティ)な原酒は、マッシングと発酵を短縮することによっても生産できます。

また、現在のグラッシーなスタイルは、他のディアジオの所有する蒸溜所…グレンオードやロイヤルロックナガーなどとは大きく異なるとのことです。

 

ローズアイル蒸留所|歴史

2009年
オーナー:ディアジオ

ローズアイル蒸留所|種類・ラインナップ

樽>>

香り>>

味わい>>

ローズアイル蒸留所|動画