ニュース

最優秀賞のマレーシアン・ウイスキー「TIMAH」発売。味や香りの特徴は【製法・起源・名前の由来】

米国のコンペティションで最優秀賞を受賞したマレーシアン・ウイスキー「TIMAH」が2021年10月7日に発売されました。マレーシアのウイスキーが最優秀賞を受賞したのは今回が初めてです。

このマレーシアン・ウイスキーは海外から輸入した2種類のピーテッドモルトとマレーシア由来の中性スピリッツをブレンドしたものを40度で瓶詰めされています。
価格は約RM230(6,500円)ほどで販売されています。(日本での販売は未定です)

香りは軽快でフルーティ。そしてスモーキーでフローラルなブーケの調和が特徴です。余韻には甘いオークの香りが軽やかに残ります。

 

TIMAHは過去にもInternational Spirits Challenge 2020(ISC)とAnnual San Francisco World Spirits Competition 2020(SFWSC)で銀メダルを受賞しています。その頃から「洗練、洗練、複雑さを示す卓越したスピリッツ」と評価されていました。

そして今年、米国で行われたインターナショナル・ウイスキー・コンペティション(IWC)にて「ベストマレーシアウイスキー賞」を受賞しました。

IWCでマレーシアのウイスキーがカテゴライズされたのは今回が初。このカテゴリーはTIMAHの卓越した品質を評価する為に作られたんだとか。

TIMAH|名前の由来、製法

・TIMAHとは・
名前の由来・ラベルに描かれた人物

TIMAHは「錫」を表す地元の言葉です。過去、マレーシアが英領マラヤと呼ばれていた頃、錫の採掘が盛んだったと言われています。

ラベルに描かれている人物はトリストラム・スピーディ(Tristram Speedy)。主にキャプテン・スピーディと呼ばれています。
彼はペラックで起こったラルト戦争(19世紀に起こった採掘場の紛争)の際、平和維持の為に尽力した人物です。ウイスキー文化をマラヤに広めた人物でもあると言われています。

・TIMAHとは・
味や香り、製法

2つの輸入されたピーテッドモルトとマレーシア由来の中性スピリッツを使用している事から「プレミアム・ダブルピーテッド・ブレンデッドウイスキー」と呼んでいます。

この製法はTIMAHに独特の味をもたらし、花の香りと軽くフルーティ味わいを産んでいます。

・TIMAHとは・
ターゲット

TIMAHは海外に焦点を当ててマーケティングされています。特に意識されたのはアジアの味覚です。

このウイスキーはマレーシアでは「Thai Seng Liquor Sdn Bhd」、シンガポールでは「Ang Leong Huat Pte Ltd」、台湾では「Muteboo International」、米国では「California Wine&Spirits LLC」、ドバイでは「PKGS International TradingFZC」によって販売されています。

「TIMAH」は公式ウェブサイトからも購入可能です。
宜しければご覧ください。

created by Rinker
アムルット
¥6,028
(2023/02/01 22:49:07時点 Amazon調べ-詳細)

・Winepak Corporationとは・

1980年代前半に設立されたマレーシアの酒造メーカーです。創業者のYeoEng Chiang氏はマレーシアのボトリングアソシエイションの会長であり、様々な貿易委員会の協会に所属しています。

取り扱うアルコール製品はウイスキー、ブランデーをはじめワイン、ウォッカなど各種スピリッツなど様々です。
関連会社のThai Seng Liquor SdnBhdおよびThaiSeng Marketing Sdn Bhdを通してマーケティング、流通しています。

・International Whisky Competitionとは・

インターナショナル・ウイスキー・コンペティション(I.W.C.)は2010年に設立されたウイスキーの品評団体です。その信頼性の高い審査結果から、近年世界的に注目されているウイスキー品評会のひとつとなっています。

評価はカテゴリ毎に金、銀、銅メダルを授与する形式。2020年はブレンデッドスコッチウイスキー部門でデュワーズが最優秀賞を受賞した事で話題となりました

ABOUT ME
アバター
Ichiro
ウイスキーエキスパートのバーテンダーです。アイラ沼からやって来ました。得意技はタックルに合わせたフロントチョーク。苦手な技は足関節。人に助けられて生きてます。