コラム

嫌われたいならコレをしろ!BARで嫌われる行動・9選【バーテンダーは意外と繊細!】

BARに慣れてきたら心に余裕が生まれますよね。

「こうしたい」「ああしたい」という思いが強くなり、「こうして欲しい」「あぁして欲しい」となってくる。

そう、調子に乗る訳です。

「みんなそうじゃん!」
「楽しそうにやってんじゃん!!」

そう思われるかもしれません。
ですが、現実は貴方が思っている以上に非情です。

今日はそんな慣れた頃にやりがちな嫌われる行動を9個選んでみました!

自分で書いてて胸が痛い…!
皆様は理性的な行動をされると信じています!
それでは、よろしくどうぞ!

イチロー
イチロー
私は全部やりました

ジロー
ジロー
そりゃ嫌われます!

01|サービスされて当然

色々なバーに行き、大切に扱われることに慣れてしまった頃、ふと陥る症状がこちらです。

他のお客様より構ってもらえなかった時
スタッフの態度が横柄だった時

そんな時にふと込み上げるこの気持ち。

何故こんな扱いを受けているんだ
金を払ってるのはこっちだぞ

その気持ちは痛いほど分かります。

しかし、サービスに対する意識やスキルは人により差があるのが実情です。

ホテルバーのような「組織に組み込まれたBAR」なら評価システムを意識した動きになるでしょう。

しかし、個人事業主が経営するBARでは、貴方がいくら正論を振りかざしても通らないことも少なくありません。ルールはお店が決めるのです。

もし受けたサービスが不快なものであっても、できる限り態度には出さずSNSに書いたり、知人に聞いてもらったりして溜飲を下げ、次のお店に向かうのがスマートだと思います。

その場の空気に配慮した行動を取り続けていれば貴方に適した場所はきっと見つかるはずです。

イチロー
イチロー
人は自分の写し鏡と申します。しかし、悪意ある方がいるのも事実です。

ジロー
ジロー
貴方に合うお店が見つかる事を祈っています

02|どこでもハイテンション

周りに配慮しない事がスマートかのように振る舞ってみましょう。
きっと店内の視線を独り占めできます。

ついでに

「皆緊張してんの?」
「慣れてへんねんな〜」

などと思う事ができれば最高です。
空気を読めない人の烙印を押される事でしょう。

イチロー
イチロー
胸が痛い…

ジロー
ジロー
今日はしっかり自分と向き合ってください

03|お金を使えば喜ばれる

なんと!
貴方は今日1万円も使われたんですか。

それは大変名誉な事です。
是非その気持ちを少しでいいですから態度に出してみてください。

「俺は今日1万円使ったんだ」
「喜べ。お前らも助かるだろう」
「チヤホヤしろ」

と。

お金を使えば喜ばれる。
全う至極です。

しかし、バーには私たちが驚く方が大勢いらっしゃいます。

毎日休まず5000円程使われる方月に数回いらっしゃりフードも沢山頼まれ2時間ほどでサクッとお帰りになられる団体様など!

私たちはそういった方々と常に比較されていることを想像しながらコミュニケーションを行う事が信頼を得る事に繋がるのではと思います。

イチロー
イチロー
「店に貢献してあげなきゃね〜」

ジロー
ジロー
アァ…

イチロー
イチロー
「もっと利益率高いお酒頼んであげなよ!」

ジロー
ジロー
いたいいたいいたいいたい

04|店に無いボトルを頼む

分かります。悪気はないんです。本当に飲みたいだけなんです。そのボトルについてお話がしたいだけなんです。

ですがお店の方々は日々様々な”悪意”に苛まれています。

「あのボトル無いの?へぇ〜(見下し)」
「あのお店にはあったのになぁ〜(見下し)」
「あれ?ここバーですよね???(見下し)」

貴方に悪意がなくとも過敏に反応してしまうスタッフの方もいらっしゃいます。

貴方は悪くありません。
しかし、この行為は、嫌われるための階段を一段登る可能性のある行為であることを、ご理解下さい。

イチロー
イチロー
貴方は悪くない

ジロー
ジロー
世の中の”悪意”が悪いんですよ、きっと…

05|一気飲み

「テキーラ!ショットで5杯下さい!www」

「やめて!マジやめて!!www」

「のーめ!飲めって!!www!」

いやぁ酒場っぽいですね!これぞ酒場です!!

 

イチロー
イチロー
天に召されろ

ジロー
ジロー
普段からスマートに飲まれる方が、理由を持って行う姿は美しく見えます

06|酔っ払う

「ふえぇ…もう飲めないよぉ…zzz」

「あぁ〜!トイレトイレ!!」「もう4回目www」
「全然トイレから出てこんしwww」

「ガンッ!ガンッ!ゴン!ゴン!」

いやぁ酒場っぽいですね!これぞ酒場です!!

イチロー
イチロー
天に召されろ

ジロー
ジロー
トイレで流されろ

07|スタッフへの飲酒の強要

「何か一杯飲んで…え?何で飲まないの!?」
「俺の酒が飲めんのか!」
「酒も飲めん奴に酒飲みの気持ちが分かるのか!」

そうです。まったく仰る通りです。
貴方の善意を断るなんてもってのほか。そんな奴には前後不覚になるまで飲ませてやればいいんです。

その結果サービスの質が低下して店が傾こうが貴方には一切関係ありません。その辺を分からせてやりましょう!

イチロー
イチロー
銀座や新地の文化はある種の様式美を感じますが…

ジロー
ジロー
私たちは一般人ですからね

08|人に絡む

間違いありません。
次回からカウンターの隅っこが貴方の特等席です。

イチロー
イチロー
「一人で寂しそうやったから!」

ジロー
ジロー
何様ですか

09|カクテルにケチを付ける

これまでの行動を凌駕する、一発で嫌われる方法があります。
カクテルを頂き、一口飲み、「シャっバwww」と言う事です。

貴方の感覚は尊重すべきものでしょう。
しかしバーテンダーの方々は貴方が思う以上に繊細です。
貴方に悪気がなかったとしても、相手が傷付く場合があります。

一旦「ありがとうございます」「美味しいです」などと伝えた上で、次回頼む時に「前よりこうして下さい」などとお願いするのが良いでしょう。

イチロー
イチロー
「もっとドライにしてもらえますか」

ジロー
ジロー
ウォッカでも飲んどいて下さい

最後に

ここまで読んでくださった皆さま、お疲れ様です。
逆張り記事は中々体力を使いますね。後頭部がズキズキします。

体調が悪いので今日はこの辺で。
ありがとうございました!

イチロー
イチロー
黒歴史を思い出してお腹が痛い

ジロー
ジロー
あぁ、全部経験済みなんでしたっけ

イチロー
イチロー
⑦はしてませんよ

ジロー
ジロー
他はやってるんですか!

 

ABOUT ME
ジロー/ Giraud
ジロー/ Giraud
気付いたらウイスキー沼に引きずり込まれてました。責任取ってください。