テイスティング・レビュー

謎のアイラモルト「燻酒」の中身に迫る!テイスティング【#1:アードベッグじゃない?】

ウイスキー|燻酒の中身は何?

皆様は燻酒というウイスキーをご存知でしょうか。

燻酒はスコッチウイスキー販売がリリースするボトラーズウイスキーです。
大変美味しいのですが、詰められているウイスキーは…

…なんと非公開!気になる〜!!

 

そんな謎めいたボトルながらも、このそ味の虜となる方は少なくないんです。

何故なら

ハイボールに最適化した味設計!
50%という高い度数でキリッとした飲み口を実現!

そしてお値段6,000円程…

燻酒 アイラ シングルモルト 50度 700ml

燻酒 アイラ シングルモルト 50度 700ml

6,404円(12/08 22:26時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

安〜い!!

 

このウイスキーもコスパが良いウイスキーとしてお勧めすることが多いです。
ほんと煙と甘みのバランスが丁度良いんですよね。
※ラベルも良い味出してます

 

しかし中身は非公開ですか…
非公開…

これはスコモル様からの挑戦では!?

 

と言う訳で今回挑戦するのはこちら!

燻酒の中身はなんじゃろな
アイラウイスキー飲み比べ!

それでは行ってみましょう!

イチロー
イチロー
果たして当てられるでしょうか
ジロー
ジロー
緊張しますね…!

燻酒ってどんなウイスキー?

ウイスキー|燻酒の画像燻酒。それはスコッチモルト販売株式会社が販売するアイラモルトです。

価格は6000円程で非常にコスパが良い。人に勧めやすいアイラモルトだと思ってます。
味もヴァッティングしてるお陰でいい感じに整えられてますしね。

で、この味はスコモル様が言うには

日本人に馴染みのある「ハイボール」に最適化したウイスキーを求めて燻酒を作り上げました。

とのこと。中身は公表されていません。

世間では「カリラ」とする意見が強く、次点で「アードベッグ」。リリース当初(2016年頃)はラガヴーリンを挙げる方もいらっしゃったとか。
※私はアードベッグを推していましたが、カリラ勢の圧力に負けてしまっている現状です

燻酒を取り巻く現状はこんな状態です。

燻酒の中身を推測する

ウイスキー|調査する画像さて、それでは検証を始めます。
まずはスペックから推測してみましょう。

燻酒のテイスティングコメントはこのように公表されています。

燻酒の味わい

淡いレモン色、潮で甘口
オイリー

この特徴を踏まえ原酒を推測します。
一応「アイラモルト」である事は確定しているので…

パッと思い浮かぶ蒸留所は

 

スモーキーでフルーティなカリラ

もしくは、

強い燻香と甘みを持ち、オイリーなアードベッグ

 

でしょうか。

 

 

…ん??

 

 

……

 

「オイリーなアードベッグでしょうか…」

 

「オイリーな…

 

「オイリーな…

 

 

…答え、出たのでは???

\これじゃない?/

アードベッグ 10年 箱入り [ ウイスキー イギリス 700ml ]

アードベッグ 10年 箱入り [ ウイスキー イギリス 700ml ]

7,150円(12/09 05:22時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

…いえいえ、それは早計と言うものです。

そう。アードベッグはオイリーな酒質と一般的に言われていて、そんなアードベッグの対抗馬として挙げられているカリラは一般的に「ドライ」と評価されている酒質ですが、この時点ではそんな事は些事でしかありません。

 

そう。

 

「ドライと評価されがちなカリラをボトリングしたとして、スコモル社はオイリーとコメントするかなぁ」

 

なんて推測は一切価値を持たないのです。

こんな事で思考にバイアスがかかってはいけません。いけないのです。いけないんですってば。

アイラウイスキーの飲み比べ

ウイスキー|アードベッグ・カリラ・ラガヴーリン画像それでは実際に飲み比べて見ましょう。
3本並んだオフィシャルボトル。一体どのお味が近いでしょうか…

…頂きます!

ウイスキーモンスター!|テイスティング中

テイスティング
カリラ 12年

カリラ 12年 箱入り [ ウイスキー イギリス 700ml ]

カリラ 12年 箱入り [ ウイスキー イギリス 700ml ]

5,240円(12/09 07:49時点)
Amazonの情報を掲載しています

最も蜂蜜。繊細でフレッシュなピート。
繊細なピートにあっさりした麦芽。蜂蜜とレモン。白木。

スモークが口の中に広がり、ピート、パイナップル、蜂蜜が生まれる。
最も繊細な香りにも関わらず、最もドライに感じる余韻。

テイスティングを踏まえて
カリラの感想

程よい燻香。
このドライさがハイボールにした際にポジティブな要素となりそうだが、燻酒のパワフルな甘味とは違うような…

テイスティング
アードベッグTEN

アードベッグ 10年 箱入り [ ウイスキー イギリス 700ml ]

アードベッグ 10年 箱入り [ ウイスキー イギリス 700ml ]

7,150円(12/09 05:22時点)
Amazonの情報を掲載しています

最もピーティでスモーキー。
クリーミーな南国フルーツ。

ひと嗅ぎめは強烈な生クリームとマンゴー。ふた嗅ぎめ以降はピートと塩鮭(恐らく漁港と表現されている香り?)。そしてスモーク。重なる潮。

テイスティングを踏まえて
アードベッグTENの感想

クリーミーでトロピカルな甘さ。やっぱり美味しい。
クリーミーでオイリー。クエン酸的甘味。最高。

テイスティング
ラガヴーリン16年

ラガヴーリン 16年 箱入り [ ウイスキー イギリス 700ml ]

ラガヴーリン 16年 箱入り [ ウイスキー イギリス 700ml ]

14,500円(12/08 20:57時点)
Amazonの情報を掲載しています

ラガヴーリンでした。
※比較対象として適していませんでした

テイスティングを終えて

ウイスキー|燻酒の飲み比べ画像ご馳走様でした。
テイスティングを終えましたが…

…アードベッグ、普通に美味しく飲んじゃってますね。ふざけているのでしょうか。

ラガ8年が手元に無かったのも悔しいところです。熟成感が違いすぎました。

 

 

ラガヴーリンはそもそも正しく比較できてない。
アードベッグも美味しく飲んじゃってる!ダメじゃん!!

 

しかし!
男には押し切らねばならぬ時もございます!

 

燻酒の中身はなんじゃろな!
私の答えは…

 

アードベッグ!

 

です!多分!!知らんけど!!!!

最後に

いかがでしたでしょうか。

ほぼ結論ありきの検証であることはバレバレかとは思いますが、ともかく答えを出すことができました。自分なりに筋道立てて解釈する事ができたので嬉しい限りです。

 

とはいえ検証としてはまだまだ不完全。
オフィシャルを飲み比べただけで結論付けるなど愚の骨頂です。

幸い、燻酒と似たスタイルのボトラーズアイラは他にも手元にありまして。
これらのボトルもそれぞれ飲み比べて燻酒=アードベッグ説を厚くしたいと思います!

 

次回はフィンラガン、ポートアスケイグ、AS WE GET IT、スモークヘッドの飲み比べ記事をお送りします。

それではまた。

ウイスキー|燻酒の飲み比べ画像

燻酒 アイラ シングルモルト 50度 700ml

燻酒 アイラ シングルモルト 50度 700ml

6,404円(12/08 22:26時点)
Amazonの情報を掲載しています