BARのレビュー

奈良|BARピピン/Pippinのカクテルレビュー。おいしさ、価格に迫る(新大宮【評判・口コミ】

こんにちは。ジローです。
今日は奈良・新大宮に来ています。

\新大宮駅の駅前です/

 

奈良と言っても目的は鹿ではありません。
観光でもありません。

 

その理由とは

 

 

 

 

 

 

 

どうしてもBARでお酒が飲みた〜い!!!!!!

 

 

 

 

 

これです。

 

普段は大阪に住んでいる私。第二の住居も京都です。どちらも緊急事態宣言真っ只中です。

こんなご時世なんで時間は腐るほどあるんですが、時間があってもやる事が無ければ死体も同然。考える事はネガティブな事ばかり。

 

3月〜4月は耐える事が出来ました!5月も末になり、「耐え切った!」と勝利を確信したその時…

 

 

再延長

 

 

…もう我慢の限界です。

私は私を守る為、お酒を飲みに行って来ます!!!!

 

 

 

 

 

 

 

という事で、やって来ました奈良県!

 

\学生さんがいっぱい歩いてます/

 

 

のどか〜!!

 

大阪とは明らかに違うその空気。

「ココでお酒が飲めるのか…」

そう考えるとワクワクが止まりません!

 

禁酒法時代にアメリカからカナダへ遠征していた人もこんな気持ちだったのかなぁ…

そんな事を考えながら徒歩一分。目的地であるBARピピン様に到着しました!よろしくお願いします!!

 

イチロー
イチロー
いいなー
ジロー
ジロー
良かったですよ〜

BARピピン|外観

 

ふ、雰囲気ある〜〜〜!!!!!!

 

大変好みの外観に思わず叫んでしまいました。

高級感がありつつ温もりも感じる外観です。
外にはテーブルと椅子が置かれてますね。テラス席でしょうか。

 

オープン前はこんな感じ。

う〜ん大変上品です。

こうも外観が作り込まれていると、内観やカクテルのお味にも期待してしまいますね。きっとそのセンスが反映されている事でしょう!

 

ワクワクしながら…レッツゴー!

 

イチロー
イチロー
この漆喰?調の壁面がことさら素敵ですね
ジロー
ジロー
この街で特別な存在感を放ってました…
もっとマニアックな視点で見る

・ 路面店か空中階か|路面店
・外から中が見えるか|見えず

・親しみ|3
・高級感|4
・完成度|4
・清潔感|4
・雰囲気|4
・独自性|4
・新鮮さ|3

壁 材|恐らく漆喰
ドア材|大理石(濃いブルー)、鉄製の柵付

BARピピン|内観

中は暗めの落ち着いた雰囲気。ジャズのBGMが私を出迎えてくれました。

 

壁材、カーペット、椅子、ライト…それぞれがとても上品です。状態も良く清潔に見えました。

 

店内はコンパクトですが窮屈ではありません。ボトルやシェイカーの並べ方にもこだわりが見えますね。カウンターが広く使えて嬉しいです。

 

そんな店内に見惚れているとマスターの宮崎様が声をかけて下さいました。

宮崎様はカクテルコンペ世界3位の実力者。奈良ホテルでヘッドバーテンダーを務めた経歴もございます。

 

そんな方にお酒を飲ませて頂けるなんて…!!

 

ワクワクが止まらぬまま一杯目の注文へ参ります!

 

Bartender
・宮崎剛志さん・

2013年のディアジオワールドクラスという世界最高峰のカクテルコンペで日本大会優勝&世界3位の座をもぎ取った凄い人。肩肘張らないスタイルで心がほぐされる。きっとモテてる。

 

イチロー
イチロー
あ、ソムリエバッジも付けてらっしゃるんですね!
ジロー
ジロー
いつかワインも勉強させて頂きたいものです

 

もっとマニアックな視点で見る

・床 材|カーペット(赤基調)
・壁 材|恐らく漆喰
・装飾品|トロフィー棚
・ウェルカムマット|無

・  席 数|カウンター7席、(テラス4席)
・椅子の形状|背もたれが四角いダイニングチェア
・椅子の材質|木と革(テラスはスチール製)
・ カウンターの材質|木製、手前は革製
・カウンター上の装飾|ランプ(色付きガラス)
・ バックバーの形状|木製
・バックヤードの存在感|無し

・ 光源|吊り下げ式ライト

・親しみ|3
・高級感|4
・完成度|5
・清潔感|5
・雰囲気|5
・新鮮さ|4

1杯目|テキーラベースで軽めのスッキリ

さて、一杯目は何にしましょうか…

虚無続きで腑抜けた頭をシャキッとさせる為、まずはスッキリ系のカクテルを頂きたいと思います!

ジントニックでもいいんですが、今日はテキーラベースで作って頂きましょう!

 

・ORDER・
テキーラベースで軽めのスッキリ

・ANSWER・

\パロマ/

なんとなく「パロマ的なモノが飲みたいな〜」と思いながらお願いしたオーダーですが、本当にパロマが出てきました!なんだか嬉しいですね。

早速頂くと…

 

 

 

 

 

 

 

♪♪♪幸せ〜♪♪♪

 

 

とてもバランスが良くて美味しいパロマです。

テキーラが優しく香り、グラスのリムも厚過ぎず。炭酸も生きていて飲みやすい。お酒に口が慣れていない一杯目に最適ですね。

 

生き返る〜♪

 

イチロー
イチロー
ぐぬぬ…美味しそうですね
ジロー
ジロー
美味しかったですよ〜
もっとマニアックな視点で見る

・回答
→塩無しのパロマ

・主材
→ドン・フリオ 30ml

・副材
→グレープフルーツ果汁 30ml、シロップ 5ml、レモン果汁3ml

・グラス
→10onz?タンブラー

・氷の質
→硬質

・氷の形状
→四角

・道具
→ステンレス製(バーディ?)ミキシンググラス
→長めのバースプーン(先はフォーク型)

・製法
→ビルド

・作り方
→ミキシンググラスにレモンを注ぐ。注いだ果汁を瓶に戻し、ドンフリオを用意。グラスを用意し、ドンフリオ、グレープフルーツ果汁、シロップ、レモン果汁を注ぐ。ブレンダーで9秒程撹拌し、氷を2個入れる。バースプーンのフォーク側で62回ステアする。氷が2センチほど見える状態までステアしたら、シュレップスを30ml、炭酸水を10mlほど注ぎ、ステア。更に炭酸水を10mlほど注ぎ、味見。

バランス|4
主材の主張|3
炭酸の具合|3
印象的な要素|バランス感

チャーム|グリーン豆

丁度良い量のグリーン豆。20粒くらいですね。ガラス製のチャーム皿が綺麗でした。

もっとマニアックな視点で見る

・グリーン豆

新鮮さ|1
量|2
味わい|3

2杯目|シルクストッキング

1杯目は一気に飲みきってしまいました!美味しかった〜♪

2杯目は何を頂きましょうか…

 

…ウイスキーベースで何か頂きたいのは山々ですが、口はテキーラの口になってしまっています。せっかくなんでクリーム系のシェイキングも拝見したいですし…

 

…そうですね!

シルクストッキングをお願いします!

 

お願いするやいなや、宮崎さんはテキパキとメイキングに取り掛かって下さいました。

シェイクは基本的に一段振りですが、沈み込み、腰を回し、体全体を使って空気を含ませて下さいます。

 

驚いたのがシェイクの角度

押す時と引くときの角度が一定。大変綺麗です。
※大抵「引き」「押し」のどちらかが目立ちがち

 

見惚れていると完成しました。
グラスに注がれる様を緊張の面持ちで眺めます…

 

 

 

す、素敵〜‼︎‼︎

 

その色合いに魅了される、純白のシルクストッキングです。

表面にはふわふわの泡が層を作っています。大変きめ細かく柔らかです。

宮崎さんは生クリームとともに牛乳も使用してくださいました。そのため重たくなりすぎず心地よい飲み口のシルクストッキングに仕上がっています。

 

そして画像には残せませんでしたが…飲み進めるに連れてチェリーがコロンと顔を覗かせます。これがまた美しく!

白と赤のコントラスト…これは正にセクシ〜!でした。

 

 

感動していると宮崎さんはこんなふうに語って下さいました。

 

「シルクストッキングは白だからこそ良い。」

「全てを飲み干した時に赤いチェリーが見える。それがとてもセクシーなんだ」
※「飲み干した時」を「ストッキングを脱がした時」と掛けている?

 

…と。

 

 

…セ……

 

…セクシ〜!!

 

素晴らしくセクシーです。そのアイデア、頂きます‼︎

 

イチロー
イチロー
宮崎さんは大会でシルクストッキングを披露された事もあるそうですね
ジロー
ジロー
あ、「クラフトルームの藤井さんと一緒に作った」と話してました!通りで考えが深いはずです…
もっとマニアックな視点で見る

・主材
ドンフリオ(冷凍)
ボルス・ホワイトカカオ
明治・おいしい牛乳
タカナシ・生クリーム35
ボブズ・アボッツ

・副材
→チェリー(汁を切ったグリオッティン)

・グラス
→カクテルグラス

・氷の質
→製氷機製

・氷の形状
→四角

・製法
→シェイク

・作り方
→冷凍されたドン・フリオを用意。カクテルグラスにチェリーを入れ、冷蔵庫に入れる。スリーピースシェイカーにドンフリオ20ml、ボルスのホワイトカカオを15ml、牛乳を15ml、生クリームを10ml、ボブズ(アボッツ?)を1dash注ぐ。ブレンダーで15秒ほど撹拌し、味見。ボブズをもう一滴注ぐ。カクテルグラスを冷蔵庫から出した後、シェイクを68回行う(一段振り・真っ直ぐ10回、縦に沈み込みながら、少し当て位置を変えながら30回、体を左右に捻りながら残りの回数をシェイク)。カクテルグラスにシェイカーを捻りながら注ぐ。

3杯目|オールドファッションド

3杯目にお願いしたのはオールドファッションド。ベースにはエヴァンウィリアムズ12年を使用して下さいました。

 

シロップは自家製だそうで。砂糖(ブラウンシュガー?)と水を合わせ煮詰めた後に、オレンジの皮をゼスターで削り、煮詰めているシロップと合わせる。苦味が出過ぎないうちに削ったオレンジの皮をすぐに濾す。

するとオレンジの風味の良い部分だけが移ったシロップが完成するそうです。

 

…こだわりが凄い!!

 

先ほどから感心しっぱなし。
そういった手法でコストを抑えつつ味に深みを生むわけですね…勉強させて頂いてます!

グリオッティンのチェリーが氷を台座として綺麗に座っています。

 

味わいとしては…丸みのある甘めのマンハッタンですね。素材ごとの旨味を感じます。

柑橘の香り、ウイスキーのピリ付きの後に水っぽい味わい、その後に甘味。二口目以降は馴染みますね。

 

なお、先ほどのシロップの製法などは全て自己流だそうで。

「奈良ホテル(ザ・バー)にて勤務していた時は師匠がいなかったから自分で考えるしかなかった」とお話しして下さいました。

 

今もカクテルへの探求は続いているらしく、奈良の生薬「大和当帰」を使ったお酒造りも計画されているそうで。完成を楽しみにしています。

 

イチロー
イチロー
とてもストイックな方ですね
ジロー
ジロー
ほんと憧れますよ〜
もっとマニアックな視点で見る

・主材
エヴァンウィリアムズ12年

・副材
オレンジ果汁
自家製シロップ
レモン果汁
ビターズ
ボブズ・アボッツ

・グラス
→ロックグラス

・氷の質
→製氷機

・氷の形状
→四角

・製法
→ステア

・作り方
→エヴァンウィリアムズ12年とロックグラスを用意。チェリーをピンに刺し、置いておく。ガラス製のミキシンググラス用意し、オレンジをカット。エヴァンウィリアムズ12年を40ml、自家製シロップを5ml、レモン?を5ml、ビターズを2dash、ボブズ・アボッツを1dash注ぎ、スプーンで撹拌。氷をカットし、ロックグラスに入れる。ミキシンググラスに製氷器から氷を4つほど入れる(液面と同量)。68回ステアして回すようにグラスに注ぐ。氷の上にチェリーを乗せ、オレンジピールを手前45度、みぞおち辺りの位置から振りかける。ツイストしたピールをグラスに入れ、完成。

4杯目|最後の一杯、軽めのショート

最後に頂いたのはお決まりの「最後の一杯、軽めのショート」です。

宮崎さんは一体どのような答えを出してくださるのでしょうか…お願いします!!

 

・ORDER・
最後の一杯。軽めのショート

・ANSWER・

\ジンとグレープフルーツのカクテル/

最後に頂いたのはジンとグレープフルーツをシェイクしたシンプルなカクテル。

宮崎さんからは「どうだ!」と言わんばかりのオーラが放たれています。今、私は言葉でなく心で会話しているような、そんな気持ちになっています。

 

こんな気持ちはBar Kさんでジンとクランベリーのカクテル(レモンと卵白入り)を頂いた時以来ですね。

なんだか「コイツならこの凄さを分かってくれるだろう」と認めて頂いたようで、少し嬉しくなりました。

 

澄んだ色味が大変綺麗です。

ジンとグレープフルーツ果汁しか使用されていない筈ですが、とてもスムースでふんわりとした口当たりの良いカクテルでした。

酸のバランスも良く。飲み進めるうちにどんどん馴染む感覚を楽しめました。

 

お店での時間はもう終盤ですが、お話はどんどん濃くなっていきました。

「要素を分解しすぎてモノの良し悪しがわからなくなる事もある」
「最も大切にしたいのは”自分の感覚”」

とのことですが…心当たりがありすぎます。私にとって美味しいとはなんだっけなぁ…

 

そんな事を考えながら席を立とうとすると、思わぬサプライズが!

 

イチロー
イチロー
おっ、何かあったんですか?
ジロー
ジロー
それが「良いモノ」を出して頂きまして…
もっとマニアックな視点で見る

・主材
タンカレーNo.TEN

・副材
グレープフルーツ果汁

・グラス
→カクテルグラス

・氷の質
→製氷機

・氷の形状
→四角

・製法
→シェイク

・作り方
タンカレーをシェイカーに30ml注ぎ、グレープフルーツ果汁を40ml注ぐ。ハンドブレンダーで撹拌し、味見。タンカレーを10程注ぎ、攪拌。グラスを冷蔵庫から出し、製氷器からシェイカーに氷を八分目まで入れ、68回シェイク。軽く振りながらカクテルグラスに注ぐ。

5杯目|マッカラン18年 1974

最後に思わぬウイスキーを頂きました。

マッカラン18年(1974)です。

香りは澄んでいてバランス良く。甘やかですがベタつかない、綺麗なオールドシェリー系ウイスキーです。

酸味の立ち方は現代のマッカランと共通するものを感じたものの、全体的にバランスが良くエレガント。アルコールもまだ生きていて、余韻の膨らみ、香りの複雑さを感じ取る事が出来ます。

 

現行18年との違いはさることながら、現行から一つ前のボトルからも焦げた肉めいた苦味を感じ取ることができました。それとの差はハッキリと理解できますね。

同じ90年代流通のマッカラン12年と比べると、スムースな口当たりが強調されています。口に含んだ量も関係しているかもしれません。しかし余韻の膨らみの強さは感じ取る事ができ、スパイス、微かな硫黄が厚みとなり膨よかさを演出していました。

1946と比べると…あれは別枠ですね。ピートシェリーも好きですよ。

 

完成度の高い、素晴らしいマッカランでした。

良いウイスキーをありがとうございます。

 

 

イチロー
イチロー
何でこんな貴重なものを…!!!!
ジロー
ジロー
宮崎様、本当にありがとうございました
もっとマニアックな視点で見る

香り
綺麗なシェリー。バランスの良い甘やかなベリーの香りは綺麗で澄んでいる。

味わい
酸味の立ち方は現代のマッカランと共通するものを感じたものの、全体的にバランスが良くエレガント。アルコールもまだ生きていて、余韻の膨らみ、香りの複雑さに違いが伺える。

綺麗な味わいで、10mlほどを口に入れ、転がさずに飲むと込み上げてくる香りの豊かさに気付き幸せになれる。

BARピピン|人柄・雰囲気

宮崎さんのお人柄はとても柔らかです。

しかし芯のある柔らかさと言いますか…

この感覚には覚えがあります。
制作会社に勤めていた頃に感じた、デキる先輩達に共通して感じていたあの感じです。

 

そんなわけで私はずっと宮崎さんに一方的な懐かしさを感じていました。居心地が良かったのにはそんな理由もあったのかもしれません。

 

イチロー
イチロー
ちょとこの辺はよく分かんないですね
ジロー
ジロー
あの感じ、あの感じですって
もっとマニアックな視点で見る

髪型|長めのツーブロック
服装|色付きシャツ(ブルー)、腕捲り
タイ|蝶ネクタイ
エプロン|革、デニム
バッジ|ソムリエバッジ

丁寧さ|4
優しさ|4
緊張感|3

▷会話
・客層は会社員、2軒目利用、同業者

BARピピン|清潔感

私が最も感動した要素の一つに「清潔感」があります。

ピピン様は清潔感が飛び抜けています。
「チリ一つ無い」とはこの事かと思いました。

ピッカピカ。もう本当ピッカピカです。

 

蛇口部分にもぜひ注目して下さい!

水アカが一切見えないんです!
勿論拭き跡もありません。

オープンされてから2年目と言われていましたが、こういった部分はサボっていたら経年でどうしても劣化していく部分です。

こういった時期だから、暇だから、といった理由でこの清潔感を保てるものでは無いと思っています。

 

宮崎さんはきっと毎日丁寧にお店と…そして自分と向き合っているのでしょう。だから新品同様の清潔感を2年経った今でも保つ事ができているのではないでしょうか。

Barピピンさんは私の知っている限りトップレベルの清潔感を誇るバーです。この素晴らしさを皆に伝えたい…!!

 

 

イチロー
イチロー
うわぁ〜!凄い!!
ジロー
ジロー
「掃除にうるさい勢」としては驚きの清潔感ですよ。ええ
もっとマニアックな視点で見る

・外観|4
・ガラス|5
・床|5
・椅子の並び|5
・カウンター上|5
・ボトル|5
・ボトルの並び|5
・お手洗い|5
・髪型|3
・服装|3
・肌質|3
・印象|4

BARピピン|まとめ

情熱、ホスピタリティ、清潔感、全てが高水準です。
お値段以上である事は間違いありません。

 

最後まで満足させて頂きました。ありがとうございます。

ご馳走様でした。

 

ジロー
ジロー
いや〜本当良い体験をさせて頂きました。
イチロー
イチロー
私も行ってみたいな〜
もっとマニアックな視点で見る

・外装|4
→大変好み。しかしビル自体に経年を感じる

・内装|5
→大変好み。

・味|4
→全体的に軽め。

・接客・雰囲気|5
→程よくリラックスできる。他店からの評判も良い。

・コスパ|4
→創意工夫の量に対しこの価格は安い

・チャーム|3
→一般的。不満は無い。

全体の感想|ハイエンド
※ハイエンドの中でもコスパ良

※店舗デザイン|株式会社AT.O.DE

BARピピン|評判・口コミ

created by Rinker
¥693
(2023/02/01 19:32:11時点 Amazon調べ-詳細)

ABOUT ME
ジロー/ Giraud
ジロー/ Giraud
気付いたらウイスキー沼に引きずり込まれてました。責任取ってください。